2025年 国際博覧会を大阪・関西へ!
新生ホームサービスはオフィシャルパートナーとして2025年国際博覧会の
大阪・関西への誘致を応援しております

2025年国際博覧会を大阪・関西へ/新生ホームサービス

EXPO2025 OSAKA KANSAI

万博とは?「万博」は世界中からたくさんの人が集まるイベントで、1970年に日本で最初に開催された大阪万博(EXPO’70)は日本の高度経済成長をシンボライズする一大イベントとなりました。万博とは?「万博」は世界中からたくさんの人が集まるイベントで、1970年に日本で最初に開催された大阪万博(EXPO’70)は日本の高度経済成長をシンボライズする一大イベントとなりました。
[万博」では新しい技術や商品が生まれ生活が便利になる「きっかけ」となります。エレベーター(1853年、ニューヨーク万博)/電話(1876年、フィラデルフィア万博)/ファミリーレストラン、ワイヤレステレホン、電気自動車、動く歩道(1970年大阪万博)/ICチップ入り入場券、AED、ドライミスト(2005年愛知万博)[万博」では新しい技術や商品が生まれ生活が便利になる「きっかけ」となります。エレベーター(1853年、ニューヨーク万博)/電話(1876年、フィラデルフィア万博)/ファミリーレストラン、ワイヤレステレホン、電気自動車、動く歩道(1970年大阪万博)/ICチップ入り入場券、AED、ドライミスト(2005年愛知万博)
2025年大阪・関西万博が実現したら・・・① 最先端技術など世界の英知が結集し、新たなアイデアを創造発信 ② 国内外からの投資拡大 ③ 交流活性化によるイノベーション創出 ④ 地域経済の活性化や中小企業の活性化 ⑤ 豊かな日本文化の発信のチャンス2025年大阪・関西万博が実現したら・・・① 最先端技術など世界の英知が結集し、新たなアイデアを創造発信 ② 国内外からの投資拡大 ③ 交流活性化によるイノベーション創出 ④ 地域経済の活性化や中小企業の活性化 ⑤ 豊かな日本文化の発信のチャンス
テーマ

いのち輝く未来社会のデザイン

“Designing Future Society for Our Lives”

 

サブテーマ

多様で心身ともに健康な生き方
接続可能な社会・経済システム

基本理念:真の豊かさを感じられる生き方、それを可能にする経済・社会の未来像を参加者で共創。
開催場所:大阪 夢洲(ゆめしま)(市の中心部から10km) 開催期間:2025年5月3日~11月3日(185日間)
入場者:約2,800万人~3,000万人
経済波及効果:約2兆円
2025日本万国博覧会誘致ロゴマーク
誘致に向けたスケジュール:2018年2月~3月 調査団来訪、6月BIE総会、11月BIE総会・開催地決定投票、2025年万博開催他の立候補国について:ロシア/開催都市 エカテリンブルク(2020年万博にも立候補)、/テーマ 世界の変革:子供や将来世代のための包括的なイノベーション/開催期間 5月2日~11月2日  アゼルバイジャン/ 開催都市 バクー(2020年夏季五輪にも立候補)/テーマ 人的資本/開催期間 5月10日~11月10日

2025日本万博博覧会誘致 開催場所 大阪夢洲地図2025日本万博博覧会誘致 開催場所 大阪夢洲地図